« 私の自転車ラインナップ | トップページ | 五日市 星竹・南沢林道 »

2012年2月 2日 (木)

青梅 大仁田川沿いの道

サイクルツーリストなら誰しも、自分のホームグラウンドと想える地域があるのではないだろうか。
私の場合、信州の南部、天竜川流域の町を起点にした街道や峠が好きで、連休ともなればつい同じような地域へ出掛けてしまう。しかし勤め人でもあり、そうそう連泊のツーリングが許されない今、五日市や奥多摩、山梨あたりの峠越えツーリングが、今の私の走りの主体となっている。
自分の地図の空白を埋めていくような走り方をするうち、天候や想定される道の状況に応じて、自分の引き出しを開けるがごとく、走るルートが想像できる。また、相棒である自転車のセッティングや、走り方まで身についたと思う。
こんな地域こそが自分のホームグラウンドと言えるのではないだろうか。

20120131_191235_1.jpg

ここ数日強い寒波が南下しており、例年より気温の低い日が続いている。1週間程前に降った雪も、まだ日陰に残っている。だが今日は幸い風がほとんど無い。
昼前の暖かくなってから家を出て、五日市方面へのアプローチの一つとしている、青梅と日の出の境界、菅生丘陵の北懐を流れる大仁田川沿いに、秋川街道二ッ塚峠手前までつづく静かな道へ出掛けてみた。
NewCycling などでも数回紹介されている道で、あまりにも短い区間ではあるが、伝統的なスタイルの自転車で走るのが似合う雰囲気の道だと思う。

福生南公園までは、多摩川サイクリングロードを走り、田園通りを福生駅手前で旧奥多摩街道へ。玉川上水脇をのんびり走れる。小作坂下の交差点を左折し、多摩川橋で多摩川を渡ると、吉野街道と滝山街道の起点となる三叉路である。滝山街道に入り僅かで小さな川を渡るが、これが大仁田川である。
右岸の道に入ると、ここからは秋川街道まで、緩い、ほぼ一定傾斜の上りとなる。住宅街を抜け、詳細は分からないが何かの施設があり、行き止まりになったところで左岸に渡る小橋より、里山の懐へ入っていく雰囲気の道になる。

20120131_185635_1.jpg

圏央道の高架がかなり不自然な感じで、残念だ。
菅生尾根の裾、大仁田川右岸を行くようになると、やはり道にも雪が残っており、所々轍が凍っている。だがこれも想定内だ。圧雪部分を選びながらのんびり走り、危ないと思えば押せばいい。今日は先を急ぐ訳ではない。

20120131_185743_1.jpg

20120131_185846_1.jpg


今日の私の相棒は、生粋のフランス生まれである。ガードとタイヤのクリアランスも典型的フレンチ流だが、雪が詰まってガサガサいう音を聞くのも久しぶりである。
徐々に周囲が開けて、右から陣馬坂からの道を合すると、ここがだいたい中間地点である。滝山街道から、大仁田川左岸の道に入り、住宅街から適当に山側へ上って行くと、小さな切通状の峠を越え、ここに合流できる。

20120131_185941_1.jpg

道は相変わらす所々凍っているが、それも僅か、廃屋の先で川を左岸へ渡ると、日当たりの良い乾いた道となる。林のなかを行くのもここまでで、程なくして、地形図に記載のある梅園病院の前を通過すると、大仁田川左岸の尾根の中腹を直線的に上っていくようになる。

20120131_191306_1.jpg

南側に菅生丘陵ののびやかな尾根を見ながら、約1km程なんでもない道を上っていくと、秋川街道二ッ塚峠青梅側一つ手前の切通に出て、この道は終わる。

20120131_190422_1.jpg

20120131_190618_1.jpg

あとは二ッ塚峠を越えて五日市方面へ行くのもよし、青梅側に下り次の目的地へ向かうのもよし、また二ッ塚峠の東側、西側には、ともに走れる山道があり、アイデア次第でいろいろ楽しめると思う。
2012年1月31日走行



|

« 私の自転車ラインナップ | トップページ | 五日市 星竹・南沢林道 »

コメント

パスハンターさんこんにちは。
五日市辺りでも林道の日陰はまだかなり雪が残ってます。押すにしても滑って歩きづらかったです。秋川街道など、路肩にたまっている雪が溶けて、それが再度凍っていて、山道よりたちが悪かったです。

投稿: iwachan | 2012年2月 2日 (木) 午後 04時41分

青梅辺りで、雪がまだ溶けて無いのであれば、しばらく無理そうですね。

28日の手賀沼印旛沼ランは久しぶり100キロ超えました。
おまけに帰りはづっ~と向かい風にやられました。
千葉も、まだ日陰は雪が残っていて所々アイスバーンでした。
下り坂は注意が必要かもね!

投稿: パスハンター | 2012年2月 2日 (木) 午後 01時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583159/53883376

この記事へのトラックバック一覧です: 青梅 大仁田川沿いの道:

» 東京多摩地区自転車ガイド:滝山街道から二ツ塚峠 [東京多摩地区自転車ガイド]
街中近くにありながら、林道の雰囲気を感じるのどかな道です。滝山街道からは登りですが、激坂では無いです。 [続きを読む]

受信: 2012年2月 2日 (木) 午後 06時01分

« 私の自転車ラインナップ | トップページ | 五日市 星竹・南沢林道 »